オンラインプログラミングスクール

CCNA取得や給付金があるLinuxAcademy【新宿】/オンラインプログラミングスクールおすすめ2021⑫

スポンサーリンク

 

オンラインプログラミンスクールおすすめ⑫は、通学で受講する「LinuxAcademy」をご紹介します。

 

こんな方におすすめ!

  • 講師との対面授業で学習したい方。
  • パソコンなどの準備をせずに、教室のパソコンで学習したい方。
  • 教育給付金制度の対象になる方。
  • Java、Linuxネットワークの学習をしたい方
  • CCNAの資格取得を目指す方

 

1.LinuxAcademy の特徴

LinuxAcademyは、オンラインまたは通学で受講するプログラミングスクールです。

LinuxAcademyの講座は、厚生労働大臣が指定した「教育給付金」の対象になっているものもあり、要件を満たした方であれば、キャッシュバックをうけることができるので、確認してみましょう。

 

プログラミングスクールhttps://www.linuxacademy

 

2.LinuxAcademy の口コミ・体験談

自分はリナックスアカデミーに約70万位ぶち込んで、プログラミングを学んで今がある。
昔の自分にアドバイスするなら、書籍とかネットとかでもっと調べたら自分でできるよ!って言うだろうけど。そもそも、とりあえず仕事につければいいや的な感じだったから、毎日8時間授業が組まれているのは良かった
(引用元):Twitter

 

 

3.LinuxAcademyのメリット・デメリット

(1)LinuxAcademyのメリット

  • 教育給付金制度の対象になっています。
  • オンライン動画講座を予習・復習用に無償提供している。
  • 一度受けた授業を、もう一度受講料無料で再受講できる。
  • 通学で受講するので、離脱しずらい、モチベーションが維持できる、仲間ができます
  • Linuxネットワークコースでは、CCNAなどの資格取得を目指すことができる。

 

(2)LinuxAcademyのデメリット

  • オンラインではないので、新宿に通学できる方に限られます。
  • JavaとLinuxが学習できるので、就職や転職に適していて、副業などを目指す方には合わない。

 

4.LinuxAcademyの基本情報

基本情報

運営会社 株式会社リカレント
アクセス

リカレント新宿

〒160-0022

東京都新宿区新宿3-1-13 京王新宿追分ビル4階

開校時間 [月曜~土曜] 9:00~20:00
[日曜・祝日] 9:00~18:00

ポイントをチェック

学べる言語・ 身につくスキル

・Linux、Web、SQL、Java、Gitなど

・ITライセンスの取得を推奨

LPIC(Linux技術者認定試験)、CCNA(シスコ認定ネットワークアソシエイト)、OCJ-P(Oracle認定Javaプログラマー)、OSS-DB(オープンソースデータベース技術者認定試験)など

※不合格だったばあい、再度受講料無料で授業のリトライができる合格保証制度があります。

料金

入学金+受講料(教材費込み)410,000円など~

※月々8,800円~で回数は3回~36回で選択可能の場合あり。

就職支援

キャリアコンサルタントが就職決定までサポート実施

個別カウンセリング、履歴書作成指導、求人案内など

オンラインレッスン ✕(少人数クラス担任制の授業(※動画学習ではありません))
マンツーマンレッスン
ポートフォリオの制作
在学中の仕事をサポート
授業の無料体験
講師は現役エンジニア 指導経験豊富なプロの専任講師が「クラス担任制」

 

 

5.コース紹介(例)

Linuxの授業は、オンライン動画を見るだけではなく、対面で直に講師の授業をきくことができます。

プログラミング学習コース

昼間部クラス(1~2ヵ月)

プログラミング基礎、Javaプログラミング、Webアプリケーション、システム開発概論、Git、設計、テスト、開発演習、IT基礎、Linux基礎

夜間・土日クラス(2~7ヵ月)

プログラミング基礎、Javaプログラミング、Webアプリケーション、システム開発概論、Git、設計、テスト、開発演習

 

Linux・ネットワークコース

 

少人数クラス制授業の学習方法

 

step
講師による技術講義・解説

講師による技術解説を聞き、その分野の知識を習得していきます。

 

step
手を動かして実践

動画を見て悩みながらではなく、講師がいる中プログラミングをすぐにその場でアウトプットすることで、"知識"ではなく"スキル"を身につけることができます。

 

step
チームでWebサービスを開発

それまで学んできたスキルを使って、ひとつのWebサービスを開発していきます。

実務とほぼ同じ流れで実践を行うことで、スキル習得のチェックや実務理解を急速に進めることができます。

 

6.LinuxAcademyにきいたこと

Q.申込書を早めに出すと、何かメリットがありますか?

A.ご入金頂いた後、受講開始3ヵ月前よりオンライン学習サービス「DIVER」での学習が可能、自習室の利用はコース開始1ヵ月前より可能です。

 

 

7.LinuxAcademyのキャンペーン

 

★期限内に申込された方全員に、ITパスポートの動画講座をプレゼント!

 

 

8.まとめ

  • LinuxAcademyは、Linuxネットワークを学習し、CCNAの資格取得を目指すことができます。

  • 昼間コースだと2ヵ月ほどの短期間で学習ができます。
  • 休職中の方には昼間コース、在職中の方は夜間・土日コースが用意されています。
  • オンラインではなく、通学(新宿)して講師と対面で受講することができます。
  • 少人数の担任制なので離脱率が低いです。
  • キャリアコンサルタントが就職・転職までサポートしてくれます。
  • JavaとLinuxが学習できるので、就職・転職希望の方に適しています。

 

 

9.LinuxAcademyの授業体験セミナー

 

授業体験セミナーのご予約はこちら↓↓↓

 

sangoya

最後までお読みいただきありがとうございました。

LinuxAcademyは、「専門実践教育訓練指定講座」に指定されたコースがあります。

(Webエンジニアコース)は、647,800円(税込)が最大450,000円補助が受けられた場合は、197,800円(税込)になるのでおすすめです。

受給資格があるかは、ハローワークなどで問い合わせてみましょう。

 

オンラインプログラミンスクールおすすめ⑬は、オンラインで受講する「デジハリONLINE」をご紹介します。

 

スポンサーリンク

-オンラインプログラミングスクール

© 2021 無料オンラインパソコンスクール-SANGOYA Powered by AFFINGER5