EXCEL

エクセル 関数の引数 修正方法 カラーリファレンスとダイアログ呼び出し

スポンサーリンク

入力した関数が間違っていた場合、関数の引数を修正する方法を主に3つに絞って説明していきます。

1.数式バーとポップヒントを利用して修正

①修正したいセルをアクティブセル(クリック)にして、数式バーをクリック→関数名がポップヒントで表示される。

②ポップヒントの修正したい引数「値1」などの文字をクリック。

③数式バーの引数が反転するので、正しい範囲をドラッグする。

④《Enter》キーで確定する。

エクセル数式の修正

2.カラーリファレンスを利用して修正

(1)カラーリファレンスのサイズを変更して、引数の範囲を修正

①修正したいセルをダブルクリックして、カラーリファレンスを表示させる。

②枠線の四隅の「サイズ変更ハンドル」にマウスを合わせ、正しい範囲にドラッグして修正する。

③《Enter》キーで確定する。

エクセル数式修正

(2)カラーリファレンスを移動して、引数の範囲を修正

①修正したいセルをダブルクリックして、カラーリファレンスを表示させる。

エクセル数式修正

②枠線にマウスを合わせ、正しい範囲までドラッグして修正する。

③《Enter》キーで確定する。

エクセル数式の修正

3.《関数の引数》ダイアログボックスを呼び出して修正

①修正したいセルをクリックして、《fx》をクリック。

②《関数の引数》ダイアログボックスが表示されるので、正しい引数に修正する。

③《OK》をクリックして確定する。

エクセル数式の修正

Yadokari
 以上で関数の引数の修正方法の説明はおわりです。

カラーリファレンスやダイアログボックスを使って効率的に修正しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

エクセルの使い方 基礎から応用まで①~㉕ 無料オンライン講座へ↓↓

Excel2019 使い方 基礎から応用まで①~㉕ 無料オンライン講座


スポンサーリンク

-EXCEL

© 2021 無料オンラインパソコンスクール-SANGOYA Powered by AFFINGER5