Excel

Excel エラー値 DIV/0! VALUE! NAME?などの意味

スポンサーリンク

Excelでは、セルに入力した数式が正しく計算できないときに、「#」で始まる「エラー値」を返します。

エラーの原因によって、返すエラー値が変わってくるので、エラー値の種類を理解しておくとエラーを修正する場合に役立ちます。

 

 

 

1.エラー値の種類

 

(1) #VALUE!

<原因>

①単一セルを指定すべき所に、セル範囲を指定している。

②数値を指定するべき所に文字列を指定している。

 

<修正方法>

セル【D2】が文字列なので、セル【D3】に修正する。

 

 

(2)#DIV/0!

<原因>

①割り算の計算で、「0」や空白セルで割っている

 

<修正方法>

セル【E3】が「0」なので、1以上の適切な数値に修正する。

エクセルエラー値

 

 

(3)#NAME?

<原因>

①定義されていない「名前」を使用している。

②関数の引数で、文字列を「”」で囲んでいない。

関数名のつづりを誤っている

 

<修正方法>

関数名のつづりを正しく修正する。

 

 

(4) #N/A

エクセルエラー値

<原因>

①関数などで、「検索値」が見つからない。

エクセルエラー値

 

<修正方法>

「検索値」に適切な値を入れる。

 

 

(5) #REF!

<原因>

①数式中のセル参照が削除されている

※セル【C5】を参照している数式が入っているが、

※5行目を削除してしまうと、

エクセルエラー値

※参照元のセルがないので、エラーになります。

※5行目を参照しているセルが全てエラーになります。

 

<修正方法>

参照されているセルが削除されているので、元に戻すかセル参照を変更する。

エクセルエラー値

 

 

(6) #NULL!

<原因>

①参照演算子で「半角スペース」で2つのセル範囲を指定した場合にその交わるセルを返すが、その交わるセルがない。

 

<修正方法>

セル【B4:E4】とセル【D3】では、交わるセルがないので、【D3:D5】に修正する。

エクセルエラー値

   

 

②SUM関数などで、セル範囲を「,」で区切るところを「半角スペース」で区切っている。

エクセルエラー値

 

<修正方法>

「半角スペース」の部分を「,」に修正する。

エクセルエラー値

 

 

(7) #NUM!

<原因>

①計算結果の値が、Excelで処理できる範囲を超えている。

②反復計算を行う関数で「解」が見つからない。

 

<修正方法>

「数量」の数値の桁数が大きすぎるので、適切な値に修正する。

 

 

kurage
以上でExcelエラー値の種類と意味の説明はおわりです。

エラー値の意味を予め分かっていると、修正するときに役立ちますね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

エクセルの使い方 基礎から応用まで①~㉕ 無料オンライン講座へ↓↓

Excel2019 使い方 基礎から応用まで①~㉕ 無料オンライン講座


 

 

スポンサーリンク

-Excel

© 2021 無料オンラインパソコンスクール-SANGOYA Powered by AFFINGER5