ACCESS

アクセス2019 使い方⑪ 初心者向け【 レポートの作成】

スポンサーリンク

アクセスの使い方⑪では、レポートの作成方法を説明します。

レポートとは、印刷するためのオブジェクトです。

蓄積したデータをそのまま印刷するのではなく、並べ替えてたり、グループ分けしたり、集計したりして印刷できます。

 

 

1.レポートの作成方法

 

(1)《レポート》で作成する

レポートで作成すると、表形式で作成されます。

テーブル[T商品マスター」を印刷してみます。

①《ナビゲーションウィンドウ》で「T商品マスター」をクリック。

②《作成》タブー《レポート》グループー《レポート》をクリック。

Accessフォーム

③「R商品マスター」で保存します。

 

(2)《レポートウィザード》で作成する

レポートウィザードで作成すると、印刷するフィールド、印刷形式、グループ分け、並べ替えなどの細かな設定をすることができるのでおすすめです。

テーブル[Tお客様マスター」を印刷してみます。

①《ナビゲーションウィンドウ》で「Tお客様マスター」をクリック。

②《作成》タブー《レポート》グループー《レポートウィザード》をクリック。

Accessレポート

 

③>>をクリックして全てのフィールドを選択し、「DM」だけ<をクリックして選択解除し、次へ。

 

④「担当者CD」でグループ分けして印刷する設定になっているので、そのまま次へ。

 

⑤「お客様CD」の《昇順》で印刷されるように設定し、次へ。

 

⑥《レイアウト》はそのまま《ステップ》、《印刷の向き》は《横》にして次へ。

 

⑦《レポート名》を「Rお客様マスター」と入力して、完了。

Accessレポート

 

《レポートウィザード》で作成すると、《印刷プレビュー》で表示されるので、確認したら必要に応じてレイアウトを整えます。

⑧《表示▼》ー《レイアウトビュー》をクリック。

⑨テキストボックスをクリックし、マウスポインタの形が変わったらドラッグ。

Accessレポート

Accessレポート

 

⑩「住所2」のテキストボックスをドラッグして、「住所1」の下に移動する。

 

⑪「住所2」のラベルをクリックして、Deleteキーで削除する。

 

⑫「住所1」のラベルとテキストボックスのサイズ変更して調整。

Accessレポート

 

その他に、《レポートデザイン》はデザインビューで作成され、《空白のレポート》はレポートビューで作成されます。

他にも《宛名ラベル》《伝票》《はがき》などの印刷ができます。

 

2.色々なクエリでレポートを作成する方法

(1)パラメータクエリを元に作成

パラメータクエリを元にしてレポートを作成すると、印刷する度に異なる条件を指定してほしいデータだけを印刷できます。

「Q売上リスト(商品CD抽出)」を元にして作成してみます。

このクエリは、次のようなパラメータクエリです。

Accessレポート

①《ナビゲーションウィンドウ》から「Q売上リスト(商品CD抽出)」をクリックして、レポートウィザードをクリック。

Accessレポート

 

②>>をクリックして、フィールドを全て選択して、次へ。

 

③《グループレベル》は指定しないので、 をクリックして次へ。

 

④《並べ替え》は売上日を昇順にして、次へ。

 

⑤《レイアウト》は「表形式」、《印刷の向き》は「横」にして次へ。

 

⑥「R売上リスト(商品CD抽出)」と入力して完了。

 

⑦完了すると、すぐにパラメータダイアログボックスが表示されます。

 

⑧商品CDは「102」と入力してOK。

 

⑨商品CD「102」のデータが抽出されます。

印刷プレビューで表示されるので、確認して調整します。

「商品CD」と「商品名」は、一覧に表示する必要がないので、ヘッダーに移動します。

セクション間の移動は、デザインビューで行います。

⑩《表示▼》ー《デザインビュー》をクリック。

⑪《ページヘッダー》の上側にマウスをあわせ下にドラッグして、《ページヘッダー》の領域を広げます。

Accessレポート

 

⑫「商品CD」のラベルをドラッグして、《レポートヘッダー》に移動します。

 

⑬同じく、コントロールをドラッグしてデザインを整えます。

 

⑭《表示▼》ー《レポートビュー》をクリックして、パラメータに商品CDを入力します。

Accessレポート

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

-ACCESS

© 2021 無料オンラインパソコンスクール-SANGOYA Powered by AFFINGER5